「人生の教訓」(作者不明)



私の人生でまなんだこと・・・

 

6歳のとき

「きよしこの夜」を歌いながらいつも泣くから

わたしはその先生が好きなんだとわかった

 

7歳のとき

飼ってる犬もわたしと同じでブロッコリーが嫌いなんだとわかった

 

9歳のとき


田舎の人は 手を振ると

仕事の手を止めても 手を振り返してくれるんだとわかった

 

12歳のとき

お部屋を便利なように整えると

ママはもう一度片付けろと言うことがわかった

 

14歳のとき

元気になりたいと思ったら

誰かを元気付ければいいとわかった

 

15歳のとき

認めるのは嫌なんだけど

パパとママが厳しいのはいいことなんだとわかった


24歳のとき

アドバイスの言葉よりも

何も言わずにそばにいてくれる友達の方が

心を癒してくれるとわかった

 

26歳のとき

わが子の髪をとかしてあげることは

ほんとうに幸せなことなんだとわかった

 

29歳のとき


わたしが行くところにはいつも

この世で一番運転の下手な人がついてくるんだとわかった

 

39歳のとき

誰かがわたしの悪口を言ったら

自分は 誰もそれを信じないような

生き方をすればいいんだとわかった

 

42歳のとき

本当は自分をとても大切に思ってくれているんだけど

その示し方がわからないだけという人がいることを知った

 

44歳のとき

ちょっとした手紙を送るだけで

誰かの一日をいい一日にできるんだとわかった

 

46歳のとき

自己嫌悪の強い人は

他の人を責める気持ちも強いとわかった

 

47歳のとき

おじいちゃんおばあちゃんと孫たちは

自然とチームを組むものなんだとわかった

 

48歳のとき

今日 何があろうと どんな悪いことが起ころうと

人生は続いていくし 明日はいいことがあるんだとわかった

 

49歳のとき

聖歌の「アメイジング・グレイス」を歌うと

とても元気になることがわかった

 

50歳のとき

ホテルのベッドのマットレスは

電話の傍じゃない方が寝心地がいいとわかった

 

52歳のとき

この3つのことをどう処理するかで 

男の人はだいたいわかると知った

雨の日

なくし物

こんがらがったクリスマスツリーのライト

 

52歳のとき

自分で野菜畑を作るのは

いっぱい詰まった薬箱と同じ価値があるとわかった

 

55歳のとき

親とどういう関係にあろうが

親が死んだら本当に悲しいものだということがわかった

 

58歳のとき

「生きること」と「暮らしていくこと」は

違うんだとわかった

 

61歳のとき

子供に良くしてやろうと思ったら

まず自分の夫婦関係を良くしなければいけないとわかった

 

62歳のとき

人生には二度目のチャンスが与えられているとわかった

 

64歳のとき

両手にキャッチャーミットを持ってたらいけない、

何かを投げ返せるようにならなくてはいけないとわかった

 

65歳のとき

幸せそのものを追い求めればそれは逃げていくけど

家族と、他の人の必要と、新しい出会いと、

ベストを尽くすことを心がければ

幸せが自分を見つけてくれるんだとわかった

 

66歳のとき

優しい心で何かをする時

それはたいてい正しいことだとわかった

 

72歳のとき

誰にでも祈ることが必要だとわかった

 

75歳のとき

奇跡を信じる者は報われるとわかった

実は わたしもいくつか奇跡を目撃したので

 

82歳のとき

苦しみがあっても

誰かの苦しみの種になる必要はないとわかった

 

85歳のとき

毎日誰かと触れ合うことが必要だとわかった

握手でも、抱擁でも、軽く背中をなでてやることでもいい

人は人のぬくもりが必要なのだと

 

 

92歳のとき

まだまだ学ぶべきことがたくさんあるということがわかった

人生の教訓-ノエビア販売代理店 大小路代理店 (via ne3) (via flickers1963) (via usaginobike) (via ozawa3106) (via machikoma) (via bridgestone) (via teucmhbolr) (via ohuzak1095) (via maconn) (via masaka) (via broirock) (via hicobeli) (via hitorinoyoru) (via budda) (via miss-puff-sleeve) (via kyoheiokada) (via park-heim) (via yuasa) (via eoma) (via usaginobike) (via mekarauroko) (via ssbt) (via hsmt) (via appbank) (via takeshi) (via katsuma) (via usaginobike) (via yellowblog) (via ynakajima) (via quentatonic) (via nakano) (via dannnao) (via maako) (via puupuu) (via obakehouse) (via 8-32) (via usonaki) (via grayrabbitts) (via kyoukochang) (via toxicc) (via pfa2) (via maumau-ru) (via kskey) (via oyasumi-sekai) (via nagaimedemite) (via usaginobike) (via ultramarine) (via shirabe930) (via dc-ep) (via kiiroi-kuchibashi) (via shinjihi) (via kokirikoo) (via shortcutss) (via plasticdreams)

自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと



物とお金

■出し惜しみ癖を捨てる
 ・もっと必要としている人に譲る
 ・出したら、出した分だけ新しいものが入ってくる
 ・多くの場合、本当に欲しかったものが向こうからやってくる

■衝動買いを捨てる
 ・外からの刺激で反射的に「欲しい」と思わされたモノは、すぐにいらなくなる
 ・時間とこだわりを投入し、語れるほど愛せるモノだけを所有する

■「なんでもいい」と言う癖を捨てる
 ・誰かに決めてもらったら、自分の人生を放棄しているのと同じ

ワークスタイル

■Todo(やるべきこと)を捨てる
 ・大切なのは、Todoリストではなく、”やりたいことリスト”
 ・人はやりたいことをするために、生きている

■多数決依存を捨てる
 ・みんなのニーズに応えたら、誰にも喜ばれないものができあがる
 ・他にはない、とんでもない魅力を持つものは誰かひとりの熱狂がカタチになったもの

メンテナンス

■”常識”を捨てる
 ・他人の常識を手放さないと、いつまでも自分らしさは取り戻せない

■根性という概念を捨てる
 ・重荷に耐えて生きるのが社会人と思っていたら、途中のすばらしい景色を味わえない

■”勉強のための勉強”を捨てる
 ・「とりあえずやっておく」という勉強と資格ほど無駄なことはない
 ・なんの役にも立たないどころか、大切な時間とお金と気力を奪ってしまう

人間関係

■「みんな平等」の精神を捨てる
 ・「自分のためにリスクを引き受けてくれたことがある人」を特別扱いする
 ・いちいち損得を計算する人間とは付き合う必要はない

■「すいません」の盾を捨てる
 ・「すいません」の根っこは、「なんとなく」が隠れている
 ・心の底から本気でお詫びできる人間だけが、信頼される

ライフスタイル

■「あれもこれも」を捨てる
 ・あれもこれもと手を出すと選択肢が増えて、なにをすべきか迷いわからなくなる
 ・大事なことは自分がのぞむ生き方をとことん追求すること

■照れを捨てる
 ・”自分の欲求”を惜しげもなく出す
 ・情報が集まってきて、世界が少しずつ動きはじめる

■”つねにオンライン”の習慣を捨てる
 ・周囲に流されず、自分の人生をデザインするには、周囲とつながらない時間が大事